季節は猛暑の日々から、気圧変化の大きい時期へと

関東に台風が接近、通過して、
8/25くらいから夜風が涼しく感じられ始め、

それ以降は 空の雲の様子も秋の空にかわり
すこしずつ猛暑の夏も過ぎつつあるようです。

猛暑で疲弊したカラダが涼しさを体感すると
人間は現金なもので ついついカラダも緩みだします。

だだし、暑さが完全に過ぎ去った訳ではないので
真夏日もふたたび戻って来る日もあるでしょう・・

 

そして夏が去っていくと やって来るのが台風。

気圧の乱高下など変化が大きい状況があるので、
たとえ南の海上や地方に接近しているからといって
関東の人に影響が無いとはいえません。

いわゆる天気痛を感じ易い人は 南シナ海にある
台風があっても東京に居ながらにして頭痛や吐き気
目まいなどの症状を発症させている方々
多いのです。

自律神経の働きが低下している状態では顕著に
表れる気圧の変化による症状。

セルフケアでも対応は出来るのですが、
付け焼刃では効果が見られません。

良いコンディションを維持しつつ、行うのが
効果的です。

後は、食べ物でも。

興奮状態は体内は酸性モードに。
良い状態は弱アルカリ性の体内なので、

抗酸化が見込める 梅干し などは
良いと言われています。

あとバナナ牛乳とか。

 

良いコンディションは体内循環=めぐりの良い
状態で、食べ物と合わせたりしてケアして
あげると相乗効果が見込めると言うことです。

来る 寒さ 前の気圧変化の大きい時期での
体調管理しっかりとしていきたいものです。

 

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

〒150-0045東京都渋谷区神泉町11-8 梅山ビル1F