私が開院した理由

高校3年間はケガとの闘いの毎日

治療の世界に興味を持ったのは、
野球部時代の故障がキッカケでした。

じつは中学時代は野球部に所属せず
リトルリーグを少しかじった程度・・・。

草野球で大人が数人混じるチームの中で
ちょっとだけ左で投げるボールが早かったり、

見よう見まねで覚えた変化球の多投で、

すでにに肘に痛みを覚えていたのですが、
共働きの両親や兄にすら言ってませんでした。

知人を介し、附属高校野球部を強くする命を
託された大学野球部の監督を紹介され、

ひょんな事から私の高校3年間は
東京で決まっていた高校を辞退し、

東北の岩手県北上市の高校へ進み
夢は”甲子園”に変わりました。

野球部入部の初日、
新入生のライバル20数名は、

県内・近県 中学の野球特待生。
一般入部は私を含め4名だけ。

特待生に負けまいと無理を重ねた結果、
スタミナは付きましたが・・・

現代の様にネット社会が確立されていなかった
1980年代はトレーニングやメンテナンスについては、

まだまだ一般的に知れ渡っていない情報不足の頃。

ましてや、地方で寮生活を送っている15歳はわたしは
まったくの無知でした。

うさぎとび や 水分を摂らせない なんて当たり前!
まちがった練習や、見当違いのケア etc.

結果、疲労の蓄積とオーバーワークからなのか、
元々痛みを覚えていた肘だけでなく

肘をかばうカラダの使い方からなのか、
ついには 肩・腰・膝をも傷めていました・・・

また、今では問題視されている
部内での体罰などは、当然の様に日常的に横行。

それは、寮内も然りの状態では
ライバル達もひとり また ひとり と去って行き、

気付けば、わたしが2年に進級するまでには
20数名居た同期部員の人数は、

わずか5名となりケガを理由にして
いられる状況ではなく・・

その後の2年の秋の新チームではわたしは
副主将となり、故障箇所を癒やすどころか
隠しながらチームを引っ張るために、

更なるハードワークで、カラダのケアどころでは
ありませんでした。

充実感などはなく
あるのは、痛みとの闘いの日々だけでした。

カイロプラクティックとの出会い

夏の大会前に大学の野球部から練習の助っ人として
現役大学野球選手が来てくださいました。

大学生と高校生の体格差は歴然。
明らかにカラダの軸や分厚さ等が、

まるで違いうこと、選手生活を送る中で
大なり小なりケガはあるものの、

その時、いかにカラダのケアを行うか
その心構えについても教わりました。

このことがキッカケで メンテナンスの重要性に
気付かされた事 おぼろげに記憶しています。

その方は、カラダケアに関する知識も地方高校球児に
比べ豊富で、メンテナンス方法の1つに、

”カイロプラクティック” と言う言葉を
その時に初めて耳にしました。

寒い地域ですから、カイロと言えば
ホッカイロくらいしか思い浮かばない程度の
知識しかなくて・・・(笑)

ただし、
この時は朝から晩まで大会に備え合宿練習漬けの日々と、
寮生活を送る学生の身で、夜間の外出も出来ず、

尚且つ 当時は近所にATMを備えたコンビニさえも
見当たらない4重苦で、

カイロプラクティックの施術を受けたくとも受けられず、
ただ日々が過ぎて行くだけでした・・・

夏の大会・秋の大会・東北の寒く長い冬と
時間は経過すれども、いっこうにメンテナンスケアに
充てる時間は訪れない青春でした。

この報われないツライ時期を過ごしたからこそ、
いま考えるとアタマの片隅にずうっと、

カイロプラクティックと言う言葉が
こびりついていた様に思えるのです。

あわい甲子園への夢と東北での苦痛の3年間を終え
無事に大学へ進学し、

準硬式では短命で、サークルでは騙し騙しでの4年間
野球をやりつつ、

社会人となり、営業車で北陸3県を移動する日々が
その頃では日常化していました。

そして、多くのサラリーマンが辿る運動不足の日々に
浸かり始めていました。

地方に赴任して、移動は常に営業車かマイカー。

そんな矢先、右の腰に強い痛みが高校時代以来、
再発しまいました・・・

何も起きていない時こそ重要なメンテナンスの意義と
カイロプラクティックの言葉に強い興味を抱いていた、

当時の記憶が薄れていた時の不意な出来事だったので、

不摂生を悔い ようやくカイロプラクティックの施術を
受ける行動へのキッカケとなりました。

このキッカケから頭の中の片隅に残っていた、
カイロプラクティックへの憧れと

学びへの願望が芽生えたと思える出来事だったと
記憶しているのです。

それらは、

治療家を目指すきっかけ

・同じようにカラダで悩んでいる人をラクにしてあげたい
・もっとカラダのことを知りたい
・自分でもカイロプラクティックをやってみたい
・ありがとうと言われる仕事がしたい

という想いを強く持ち始めていたのです。

日に日に強くなる募る想いと、自身が経験した
高校時代のひとりで抱える痛みとの
つらく長い時間だったことこそが、

人の体に触れ、カラダで悩んでいる方の不安を少しでも
軽くしてあげたいという

治療家の世界のドアをたたく決心へと突き動かしました。

仕事と学業の両立の難しさ、学ぶ楽しさ

学校選びは 高校時代の鮮烈な記憶だったことから
カイロプラクティックを日本で学べるということで、

大川カイロプラクティック専門学院に入学してからは
猛スピードで時間が流れた行きました。

仕事は継続していましたので、

週末をカイロプラクティックを学ぶ時間に充て
必修科目と実技をひたすら習得する日々。

野球部時代のがむしゃらさが
思い出されます。

仕事では 年4回訪れる繁忙期になると社員総出で、
深夜0時を回ることが多々あり、

年末はクリスマス・忘年会を楽しむなんて
もってのほかでした・・(笑)

学業でも毎回の座学の後に行われる筆記テストに合わせて
年に4回ある筆記テストと実技テストが重なると、

アタマもカラダも余裕など皆無となり両立が
とても苦しい時期が何度も思い出されます。

支えたのは、10~20代の頃とは違う ”学ぶ”楽しさと、
学ぶ目的意識がまったく違うことです。

(この体験を学生時代に得られていたのならば
ボクはさぞかし違う人生を送っていたのではないでしょうか)

肉体的な疲労はあるものの、精神的な負担はそれほど
感じることもなく、

とても充実していました。

開業~現在に至る想い

苦しみながらも順調に学校の単位取得も果たし、
在学中のインターンから、卒業しても現場経験を積み
地元 渋谷区の神泉町に2009年に開業しました。

現在は、より多くの世代の方々に施術を
受けていただけるように、

からだに負担の少ないやさしい施術方法 を取り入れ、

ご年配の方はもちろん お子様・妊婦さんにも
対応する日々を送っています。

開業は、ゴールではなくスタート。
何年経っても発展途上で修正する毎日です!

今も、少しずつ理想とする院作りに奮闘しています。

目標を大きく持ち、理想と現実をマッチさせる様に
努力を忘れずに。

開院時からの想いである

・誠実に1人1人に真剣に接する気持ちを忘れない
・お悩みの解決に努める
・その方が笑顔で趣味やお仕事に就ける様に貢献する

理想の整体院を追い求め、努力を続けること、
学び続けることを、心に刻み

毎日お越し下さる皆様の期待に添えるように
施術に懸命に励んで来て、

おかげさまで
2009年より現在までに およそ1万2500人を超える
方々に来院いただき、

約90% (89.6%)の満足度を得ております。

現在は、カイロプラクティックの基礎知識を元に
さらに負担の少ない、

無痛リセット療法を用い、
日々お越しになられる皆様のお悩みに向き合っております。

ひきつづき、15周年を迎えられる様に、

これからも努力を重ねて多くの方々のお悩みに対して
誠実に向き合っていきたと想います。