坐骨神経痛

◆坐骨神経痛

 

当院にもこの症状で起こしになられる方が
いらっしゃいます。

坐骨神経痛は病気の名前ではなく、症状に付けられた呼び方で
痛みや違和感などの総称のことです。

整形外科で坐骨神経痛と診断された方々が症状や違和感について
お伺いするとそれぞれ感じ方が違うことが判ります。

また訴えの部位についてもさまざまですので、以下に記してみます。

 

◆坐骨神経痛の主な要因とは?

この症状でお越しになられる方の違和感・痛み・箇所をお聞きすると、

「太ももの裏から横にかけていやなかんじ・しびれる」
「ふくらはぎから足の甲から指先まで」
「お尻から太ももの付け根あたりにだるい感じで落ち着かない」等々。

「ビリッと電気が走るような」
「いつもピリピリしている」
「張りが強くてつっぱった感じがする」
「モワッーと広がるような」
など、様々な感じ方でお話しされます。

主にお尻から太もも後側に症状が出ることが大半で、
人それぞれの感覚が出るような症状です。

 

 

坐骨神経は人体中で最大の太さから、腰まわりからの
影響を受けやすく腰椎ヘルニア・脊柱管狭窄症などから症状が
出ることも疑われます。

それ以外にもお知りの筋肉の状態が悪くなることで
似た症状を出現させることがあったり、

アスリートのように太もも裏側が硬くなることで症状を
引き起こしたりすることもあります。

どのような動きで症状が出るのかも検査し施術をしていきます。

但し、日常生活を送れないくらいに耐え難い痛みやシビレが継続
するような状態については専門医への受診をお勧めしています。

 

◆当院での対応はこんなことをしています

坐骨神経の通り道はお尻の筋肉~太ももの裏側~膝の外側~
ふくらはぎ~足裏に向けて伸びています。

 その神経の流れにある筋肉の状態を確認し、筋肉を緩めていきます。

腰の関節についても動かせる状態であれば可動域を広げることも
行ないます。

ストレッチ指導や負担の掛かる姿勢などについてもアドバイス
をし、日常生活に於ける癖や悪姿勢などについても踏み込んでお話し
をさせていただきます。

 

◆お悩みの時にはご相談ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ