そろそろ近づく、ゴールデンウィークでの長時間運転で首にご注意!!- 「ドライブ首」と言う問題について 5

ドライブ首にならないために と、言うことで前回書きましたが、
今回がドライブ首についての最終回です。


今日は、
「ドライブ首になってしまったら、どうすればいいのか?」
と、言うことについて書いてみます。


この病気が起きると正式には、
頚性神経筋症候群(頚筋症候群)という医学名ですが、

簡単に言うと頚筋病ともいいますし、
首こり病とも言います。


車の運転で首が悪くなることが
意外と知られていないということで、

長い時間運転していると首の調子が悪いというのが、

すぐに出る場合と、
何週間もして何カ月もしてから体調不良になることもあり、

意外と知られていないので、
多くの人に知らせるために

”ドライブ首 ”という名前が付けられたらしいですね。

症状がたくさん出るようなら、当然これは治療が必要。
放っておいたらさらに重症化します!

前回書いたのですが、

筋肉を休ませても、元に戻らない症状が
いっぱい出てくる人は治療が必要!!

首の筋肉の治療、

いわゆる副交感神経を治せるところは、病院としてでは

 

 

 

 

 

 

東京脳神経センターと、名古屋、大阪、福岡に診断と治療が
できる分院があるそうですよ。

そして病院の看板を出しているところで実際に
副交感神経を治せるところは世界中で今のところ
上記の場所以外に無いとか。

わたしたち徒手医療のカイロプラクターや整体院でも
しっかりと学んで来たところでは対応可能です。
(にわかの整体院やなんちゃって学校を卒業した所はご注意を・・)

首の治療は、いろいろな検査をして診断をして、
副交感神経がどのくらい異常を起こしているかというのを
チェックしてから筋肉の治療を行うとの事。

首の筋肉の治療は主に触診によって治療を行い、
画像での診断は首の筋肉の場合はできない。


画像診断は、若いドクターは、CT,MRをすれば
なんでも分かると間違って覚えているみたいですが、

(いまの学生から社会人・医師などへなった方々は、
なんでもスマホで調べるクセがついているので
論理がすべてそうなっているみたいですね)


画像診断で首の筋肉の状態は診断できません。
触診で、触って診断をしています。

(レントゲン撮影も動いていない状態で写したモノですが
動いて問題が出るのであれば なんの証明にもなりませんし、

触るのは当然のお仕事です! 

問診だってデスクを見て患者さんの目を見て話さない医師に
カラダを預けることなんてしたくないでしょ?)


それから、副交感神経の問題は ”薬 ”では治りません。
むしろ悪くします・・

精神科で処方される薬は 特に注意が必要です!

 

 

 

 

 

 

薬は、ほとんど対症療法で
一時的に治すことしか使わないので、

薬で完全に治すことは
首に関して言えばあり得ません。

どんな症状でも、そうです!

対処療法ではなく、
根治療法のスタンスで臨まなければ

原因を取り去ることなど出来ませんよー。


以上で今回のテーマは終わりになります。

長文にお付き合いくださいまして
ありがとうございました。 

===========================

【渋谷・神泉の整体マッサージ院】

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

http://iwamoto-seitai.net

他の方からの当院へのクチコミはコチラへ

http://www.ekiten.jp/shop_3067236/review.html

TEL 03-6416-9210〈予約優先制〉

・土/日も営業しています。

・「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ