2016年1月スタート 全国がん登録とは?②

②専門 医療

がん登録の制度について、前回は書きましたが
今日は、

「全国がん登録は、なぜ義務化されることになったのか?」

について書いてみたいと思います。

全国がん登録の制度が出来た最初のきっかけは、
2007年に施行された

”がん対策基本法”に基づいて出来た物。

なぜ、この基本法ができたかというと、
当時は「がん難民」という言葉が社会問題になっていて、

全国の医療機関の中でもがん治療にいろんな格差があって、
それから、

自分に合ったがん治療がなかなか受けられないということで
医療機関を転々とするがん難民が問題になり、

そこで、厚労省でも全国どこにいても
標準のがん治療を受けられるようにしようということで、
がん対策基本法が作られたんですね。

それに基づいて、
がん患者にできるだけいい医療を提供しようという中に
がん登録があるんですね。

この がん登録というのが、2016年1月スタートしますが、
その前にも、全国にがん拠点病院が作られて、

全国の都道府県に1つの医療機関が、
がんの治療を専門に行われる医療機関が作られたんです。

それ以外にも大学病院とか東京でも
いわゆるがん拠点病院がありますが、
全国で200から300拠点病院があります。

これまでは拠点病院を中心にがんの登録が行われていて、
これは院内登録といって、

病院内でがんの患者さんの人数やどんながんか、
治療成績とかをデータにして登録することが行われていました。

また各都道府県でも同じことを行なっていたんですが、
それを全国規模にするのが今回スタートする全国がん登録です。

まぁ、言ってしまえば都府県と医療機関で2度手間なことをして
いたのを関連データとして集中的に国が管理する方法にしていく

と、言ったカンジの動き。
よくある行政のムダを有効化データとしていく方針へ。

えてしてこういったデータを取る事で私的見解ですが、
役所は数字を残したい所なので、いかに仕事をしたか・・

と、いう姿勢を見せる絶好の
アピール業務ですから データは一生懸命に集めます。

でも、
こういった数値化したものをしっかりと活かせないのが
行政・省庁の問題であり

なぜ、ちがう立ち位置に立ってそのデータを活かそうとしないのか?

いつも
無駄なことに注力して、ムダ多いなぁ~と呆れるのですが、
  
今回の動きは多少の期待を込めて見守ってみたいと思います・・・。

===========================

【渋谷・神泉の整体マッサージ院】

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

http://iwamoto-seitai.net

他の方からの当院へのクチコミはコチラへ

http://www.ekiten.jp/shop_3067236/review.html

TEL 03-6416-9210〈予約優先制〉

・土/日も営業しています。

・「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ