おくすり手帳って持っていますか? ①

おくすり手帳
病院に通院している方なら、たいがい薬を処方され、
院内or院外の処方箋を担当医師から渡されると思います。

ボクも大人になってから喘息に掛かってしまったので
症状を抑える吸入剤を処方されています。

つい最近、調剤薬局の領収証をマジマジと眺めながら
薬学管理料や指導料等の記載がはたして、
何を示すものなのか?疑問になったのでいろいろと
調べてはじめました。

せっかくなので、今回は おくすり手帳について
色々と書き進めてみたいと思います。

今回は「おくすり手帳とはいつごろからあるのか?」


おくすり手帳は、
医療機関で処方された薬の情報を記録して

服用履歴を管理するために作られた
手のひらサイズの手帳のこと。

もともと、
無料だったので薬局がサービスで
やっていたものだそうですが、

厚生労働省がこれを全国に広めたい
と、いうことで、2014年4月から
調剤報酬を算定できるようなものになりました。

(この時点で徴税目的がニオイますが・・・)

これにより、
薬局の収入が増えるので全国に広まり易くなるとか。

国民それぞれが おくすりを手帳を持ち
健康管理に役立ててほしいというのが
国の考えのようですが、

(薬漬けをなんとかしないとイケナイと
思わないのか?甚だ疑問もあります)

薬は正しく飲めば健康に役立ち、
病気やケガを助けるものになりますが、

間違った服用は毒になってしまうものなので、
きちんと飲まなくちゃいけないものです。

その飲み合わせをチェックするのが
お薬手帳の役目だそうです。

患者が、
どんなお薬を飲んでいるか履歴が残っているので、
新たに処方されたお薬と、

これまで処方されたお薬の飲み合わせが
悪くないかどうか薬剤師が
チェックできるメリットがあります。

2000年から調剤報酬が付くようになったので、
薬剤服用歴管理指導料の中に含まれ、
これが410円という価格で加わります。


病院や診療所で処方箋を出されて、
調剤薬局に行くと思いますが、

そこで明細書をもらうはずです。

その時に処方箋1回につき、
薬剤服用歴管理使用料というものが
掛かっています。

これが1回あたり、410円です。
(ここで冒頭のボクの疑問がすこし解明されました)

おくすり手帳にお金払っているの?と、思う人も
多いかもしれませんが、

必ず明細書を見ると書いてあるので
チェックしてみるといいと思いますね。


ただし、
大半の人は健康保険に加入していると思うので
年齢や収入に応じて自己負担額って違います。

70歳未満だと3割なので410円の3割負担だと
120円くらいが自己負担分ということになります。


たとえば・・・

いつも同じくすりを処方されていて、
服用の仕方も変わらず と、いう場合に於いては

このお金が毎度処方箋を出されるたびに
調剤薬局のために支払わなければならない

銀行ATMで無理矢理に支払手数料が徴収されるのと
同じだと思うと、

なんだか悔しい気持ちになるのは
ボクだけでしょうか・・・

処方箋提出時に「指導は要りませんから・・」と、
申し出てその分を安価にさせる強者も
いるとか、いないとか・・

===========================

【渋谷・神泉の整体マッサージ院】

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

http://iwamoto-seitai.net

他の方からの当院へのクチコミはコチラへ

http://www.ekiten.jp/shop_3067236/review.html

TEL 03-6416-9210〈予約優先制〉

・土/日も営業しています。

・「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ