真夏の病気と思われがちな熱中症。実は、高温多湿の梅雨時期から注意が必要!①

塩分

前回の”かくれ脱水症状”と関連性の高い熱中症。

熱中症は体が暑さに慣れていない状態の時に起きるので、
重症になると死亡の危険性もあり、
きちんと対処法を知っておくべきです。

なので、今回は熱中症について書いていきます。


熱中症にかかりやすいのは、どんな時期か?

気温と湿度が両方高い環境は、非常に熱中症の発生が多くなります。
理由は、湿度が高いと汗をかき難いから・・・。

カラッとしていると、
いい汗をかいて、体温を下げようとする機能が働きますが

ジメジメした環境だと、
いい汗をかき難いので、熱中症が増加しやすいということに。

熱中症のメカニズムがありますが、

汗をかくことは、
熱中症予防に最大限に人間の体が自然反応しているということです。

体温を一定以上あげないように人間の体は
いろいろなメカニズムが働きます。

その1つに、汗をたくさんかいて汗が乾く気化熱で体温を逃がすので
熱を外に逃がし、ある程度の体温に保とうという機能なんです。

そのメカニズムが働くので、
汗をかくのは熱中症の予防にはいいことなんですね。

湿度が高いと汗をかき難いし、出たとしても
そういう湿度が高い時に発汗する汗は悪い汗 と、言い
非常に塩分濃度が高い状態。

普通は、体の中、血液から汗になる時は、
塩分も一緒に出ようとするのを再吸収するんですが

ベタベタした、ねっとりした汗、これらの状態は
塩分濃度が高い汗なんです。

そういう汗をかくと気化し難いので、
蓄熱し、体内温度が上がってしまう状態となります。

汗がかき難い体質・体調・年代・職種・場所 etc.
様々な条件もありますが、

正常なコンディションを保ち「暑さに弱い日本人が増えた」
と、言うほんの30年前にはなかった虚弱体質の日本人の
巷の見方を見返してやりましょうー!

===========================

【渋谷・神泉の整体マッサージ院】

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

http://iwamoto-seitai.net

他の方からの当院へのクチコミはコチラへ

http://www.ekiten.jp/shop_3067236/review.html

TEL 03-6416-9210〈予約優先制〉

・土/日も営業しています。

・「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ