自分では気付かない体内の水分が減る脱水症の一歩手前の かくれ脱水とは?②

老人

前回は かくれ脱水 について触れましたが、
今回はどんな人がなりやすいのか?について、書いてみたいと思います。

どんな人が かくれ脱水 になりやすいのか?

言葉の通り、かくれ脱水とは隠れて中々気付き難く・分かり難いので、
お年寄りやお子さんはもちろんのこと、成人でも掛かりやすいんです。

成人の中でも、

肥満・ダイエットをしている・食生活が乱れている・
過去に脱水症や熱中症を起こしたことがある・二日酔いをよくする
と、いう人は かくれ脱水 の危険性が高い。

人間の体の中で水分が一番多いのは筋肉なので
筋肉が少なくなると体に含まれる水分が少なくなります。

お年寄りの場合、筋肉量が落ちていることが多いので水分が
少ない=かくれ脱水になりやすい。

お子さんの場合は、水分の1日の入れ替わりが激しいから。

肥満メタボ

 

 

 

 

 

 

肥満の方は<筋肉が少ない。
相対的に筋肉の量が落ちているのでかくれ脱水になりやすい。

若い人でも筋肉量が少ない方とか脂肪が多い方というのは、
水分を体の中に溜める力が少ないから、
体脂肪率が多い方というのは、かくれ脱水になりやすいと考えてよし。

ダイエットしている方というのは、
脂肪が落ちるダイエットならいいですが、

間違った方法では筋肉も落としているので
体の水分は少なくなります・・・。

ダイエットをしている方の多くに手足が冷たくなる人がいますが、
実はあれ=脱水のサインなんですね。

食生活が乱れている方の多くには、休息する時間が少ない・
睡眠が短い、あるいは、食事が定期的に摂れない等、

食事の量が少なくなっているはずです。

また、食事の偏りがあるので
十分な栄養が摂取出来ていない可能性も考えられます。

 

アルコール

二日酔いは、その時点で脱水症を繰り返している状態のこと。
アルコールは水分ではありませんよ~!

アルコールは揮発しますから、
がぶ飲みしてもアルコールは蒸発していきます。

また、二日酔いとセットで嘔吐や下痢でも体内から水分を排出して
結果お酒を飲むことで体内が干上がる・・・

だから、かくれ脱水になりやすい状態と、言うことなんですね。

アルコールを飲む方はその都度、脱水状態を作っているので、
体が脱水に傾きやすくなっていると、いうこと。

過去に脱水症や熱中症に1回なった人も
アルコールを飲んで二日酔いになりやすいのと同じで、
体が水分を外に出すクセがついていて、
繰り返しなることが多いんですね。

仕事で忙しくしていて、付き合いでお酒飲んで、泥酔して、
リバースして、二日酔いになって、生活のリズム崩して、
メタボに近付いて、お腹の脂肪を気にして、にわかダイエットで
間違って、体調崩して etc.

と、いう負の連鎖も現代生活では多々考えられます。

生活に疲れたサラリーマン以外にも多くの人が潜在的に
かくれ脱水になりやすい条件を持ち得ています。

自分は大丈夫!ではなく、自分も成り得ると考えて
毎日をすごして行きたいですね。

次回はかくれ脱水のならないようにするには?
に書いてみたいと思います。

===========================

【渋谷・神泉の整体マッサージ院】

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

http://iwamoto-seitai.net

他の方からの当院へのクチコミはコチラへ

http://www.ekiten.jp/shop_3067236/review.html

TEL 03-6416-9210〈予約優先制〉

・土/日も営業しています。

・「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ