高齢者の転倒→骨折、衰えを助長するので十分ご注意を!⑤

黄色信号

今回のテーマも今日で最終回です。
以下のテーマについて書いてみたいと思います。

⑤転倒事故を減らすためには、どうすればいいのか?

転倒は、ある見方をすれば命の黄色信号という言い方がされています。

つまずきやすくなったということは、体の筋力も、バランス能力も、
あるいは感覚の機能、足の関節をつま先を2センチあげたつもりで

布団のヘリを乗り越えるつもりだったのが、
1センチしかあがっていなければ乗り越えられないので、
布団のヘリと、言うほんのわずかなところでつまずいてしまう・・・。

夜中のトイレに起きた時につまずいて転ぶという高齢者もいますが、
筋力、バランス能力が落ちると同時に足をどのくらいあげたか??
”深部感覚”と言いますが、そういう感覚も落ちているんです。

もともと、人間は2本の足で立って歩くことができる動物です。

長い進化の過程で、人間はそれができるようになったんですが、
2本の足でしっかり立って歩くことができないので転ぶ。

転ぶくらいに体が衰弱をしてきた。
転ぶくらいに身体の中に内なるひずみができた → 結果として転ぶんです。

元気にしていれば当然の様に2本の足で立って歩くことはできるけれども、
転ぶくらいに弱ってしまっているということを表しているサインなんです。

例えば、何かぶつけたり、切れたりすると痛いですよね!?

痛みという感覚は、体にどこか異常なことがあるよ!!と、言うことを
知らせてくれる ””警告サイン””なんです。

転倒も自分の体が弱ってきたかな?とか、
自分の体が何かおかしなことがあるんじゃないか??と、言うことを
知らせてくれる警告サインなんじゃないかと感じて欲しいです。

このことから、命の黄色信号という言い方がされているんですね。

したがって、転倒の意味を知ることで普段の暮らし方とか、
栄養とか日光を浴びるとか、

そういうことに留意する1つのキッカケにしてくれれば良いと思います。

今回のテーマについても、お付き合いくださいましてありがとうございましたー。

===========================

【渋谷・神泉の整体マッサージ院】

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

http://iwamoto-seitai.net

他の方からの当院へのクチコミはコチラへ

http://www.ekiten.jp/shop_3067236/review.html

TEL 03-6416-9210〈予約優先制〉

・土/日も営業しています。

・「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ