中高年に増えている頭の病気 若年性脳梗塞について③

a1180_001325

前回はどんな人が若年性脳梗塞になりやすいのか?についてを
書いてみましたが、今日はこの発症例が日本に限ったことなのか?についてです。

③若年性脳梗塞は、日本以外でも増えているのか?

日本では大きな統計はありませんが、
若年性脳梗塞は40歳または45歳以前に発症した脳梗塞の患者さんですが、

これは世界中の脳梗塞の患者さんの中で3%または5%くらいと報告されていました。
ただ2・3年前のアメリカの大学から発表された重要な論文では、

20歳から54歳に発症した脳血管障害の方は、
12年間の間に、白人で1.8倍 / 黒人で1.5倍に急増していたと指摘されました。

これは、調べた州だけではなく、全米的にこういう傾向があると言うことでした!

従って我が国においてもこのような現象があるかどうかは非常に注目されるところですが、
この現象の原因の1つとしては、

・患者さんが早く病院に検査に来る
・ドクターの認識の向上

もあると思いますが、MRIという機械がしっかり臨床に導入されて普及してきたことも
重要です。

でもこれだけでは説明できませんで、
最近の肥満、血圧、糖尿、脂質異常症、タバコ等のリスクの増加も大きく影響していますし、
なかなか1つの因子だけではなくて、

まだ解決されていませんが、多くの因子が複合して関係していると思います。

若年性の特徴として、きちんと調べても原因不明が多くて、

3人に1人、2人に1人くらいとも言われますが、
普通の一筋縄で答えが出るような原因ではなくて、

まだまだ分からない点も多いというのが専門家によって調べられても多いということになります。

但し、先にも触れた様にMRIなどの機器は欧米に比べ国内では配備されている機関が圧倒的に多く
それらのアドバンテージも手伝い早期発見は他国にくらべ多いのかもしれません。

他の成人病検査の絡みからも発見に至ったり、高齢化への道を進んでいる我が国では何等かのフィルターを
通して様々な疾患を認識する機会が増えているのかもしれませんね・・・

次回は若年性脳梗塞を回避するためにはどうするべきか?についてです。

===========================

【渋谷・神泉の整体マッサージ院】

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

http://iwamoto-seitai.net

他の方からの当院へのクチコミはコチラへ

http://www.ekiten.jp/shop_3067236/review.html

TEL 03-6416-9210〈予約優先制〉

・土/日も営業しています。

・「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ