年代とともに気になる骨の健康状態=骨粗しょう症について④

骨粗しょう症2

前回は、骨粗しょう症になってしまったら・・についてでしたが、
今回は実際に自身が症状に当てはまっているのかどうかについての
アクションについてです。

医学も停滞ではなく、進歩しているので
静観ではなく積極的に受診してみると言う選択肢も覚えておいて
損は無いハズですよ。

④骨租しょう症の心配をした時には、どうしたらいいのか?

自分に当てはまることがあるかどうか・危険因子で確認しても良いですが、

骨租しょう症のスクリーニング検査(X線を使って検査を行う)があります。
これは、超音波報で踵の骨で簡単に骨量の詳しい検査をすると言うもの。

このような検診は地元の保健所であるとか、自治体でも行っていますので、
なるべくそういうものを受けて早めの発見ということをして欲しいと思います。

医療機関にかかる場合は、

内科でも整形外科でも産婦人科でも扱っていますが、
逆にどこに行けばいいのか?と分かり難いこともあるかもしれません。

そういう時に、骨租しょう症財団という公の機関があります!


HPに骨量の測定をやっている医療機関のリストも含めて
情報が載っていますので活用してみるのも良いと思います。

骨租しょう症と診断された場合なんですが、
薬で良いものが出ています。

例えば、
骨量で診断する場合には、若年性平均値の70%未満で骨租しょう症を
診断することになっているんですが、

骨量が低い方でも骨を壊すことを抑える骨吸収を阻害する薬であるとか、
最近では骨を作ることを促す薬も出ていますので、
それを増やすことがある程度できるようになっています。

その結果、骨が弱くなっていて折れやすくなった状態を強くするということが
できるようになっています!

骨租しょう症というのは病気自体は名前が知られてきているんですが、
実際に診断を受けたり治療を受けたりという機会に恵まれない方がいますので、

いろんな情報を集めて、自分の骨の状態を知って
将来の骨折予防に結びつけて欲しいなと思います。

2014~2015年の年をまたいでの今回で骨粗しょう症のテーマについての
ブログは終了です。

次回は若い人の頭の病気について触れてみたいと思いますので、
また読んでいただけたら嬉しいです。

お付き合いくださいまして、ありがとうございましたー。

===========================

【渋谷・神泉の整体マッサージ院】

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

http://iwamoto-seitai.net

他の方からの当院へのクチコミはコチラへ

http://www.ekiten.jp/shop_3067236/review.html

TEL 03-6416-9210〈予約優先制〉

・土/日も営業しています。

・「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ