メタボだけではない生活習慣病の1つ、お口について①

a0002_002752

早メシ・早ク〇芸の内・・ ビジネスマンなら限られた
時間の中で用事と並行させ行うことが大半だと思いますが、

実はこれが生活習慣病に繋がるなんて、
知らなかったでは済まないお話しです。

 

今回から3回に渡っては、こちらの話題について
書いてみたいと思います。

 

今日は、
①お口の生活習慣病・チューイングシンドロームとは何か?

チューイングシンドロームという言葉がありますが、

メタボリックシンドロームという言葉は知っていますよね?

メタボ予防には運動がとても大切というのも周知の事実ですが、
栄養もとても大切なんです。

その栄養を摂取する場所= お口 です。

その口の中に入れて、ただ飲み込んだら栄養が取れると
いう訳でもなくて、噛むことが重要です。

これを咀嚼といいますが、

噛まないことによって、
実は色々な病気が起きているということを総称して

”チューイングシンドローム”と呼んでいます。

 

よって、チューイングシンドロームも生活習慣病の1つ。

お口の生活習慣病=チューイングシンドロームと言えます。

チューイングシンドロームは、日本語で言えば、
咀嚼器症候群と言っております。

咀嚼というのは噛むことですが、

よく噛むことによっていくつかの効果があると言われ、

1つには、よく噛むことによって、飲みこむ前に口の中で
食べ物が細かく砕かれて唾液と混ざり飲み込む。

そうして栄養が行き渡り、唾液がたくさん出る。

唾液にはいい作用があり、

例えばバイ菌を殺す能力の抗菌作用が唾液にもあり、
最近では、唾液によってガンが予防されるという治験も出ています。

それから噛むことによって、歯がある場合は特にですが、
脳に信号が届きます。

この脳に信号が伝達されることによって、様々な効果があります。

そういうことで、よく噛むということは 
とても大事ということなんですね。

草食動物の様に、たとえば牛さん・・・

よくモグモグと、口を反芻していますが
サラリーマンだけでなく、人間全般も数回ではなく、数十回は
噛んで食事を頂くことが良さそうですね~

次回は、噛むことによる健康との関係性についてです。

===========================

【渋谷・神泉の整体マッサージ院】

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

http://iwamoto-seitai.net

他の方からの当院へのクチコミはコチラへ

http://www.ekiten.jp/shop_3067236/review.html

TEL 03-6416-9210〈予約優先制〉

・土/日も営業しています。

・「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

===========================

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ