健康的な生活に欠かせない睡眠について⑤

強い光

睡眠をテーマに書いて来ましたこの内容も今回がラストです。

今回は質の良い睡眠についてです。

これらを踏まえて、カラダのコンディションを整えて
楽しい目覚めを迎えて下されば、とてもうれしく思います。

⑤睡眠をより良いものにする方法?

睡眠の調整法っていろいろあって、

光とか、
どの時間帯に眠るかとか
朝何時に起きたらいいかなど

いろんな工夫の仕方があるんですが、

一番強力なのは”光”ですね。

光はよく知られるようになって来ましたが、

体内時計、睡眠のリズムを調節している脳の機能に強く働きかけ

寝やすい時間帯
目が覚める時間帯

という、いろいろと調整してくれるユニークな作用を持っています。

例えば、
夜12時に寝て、朝7時に起きている人のことを考えると

ふだん起きている2時間前の
朝5時くらいから昼過ぎくらいまでに浴びた光は、

翌日の眠れる時間帯を早めにリセットしてくれる。

ただ、
午後から深夜にかけての光は、
夜更し型に体内時計を遅らせる作用があって

午前と夜で逆の作用もあるんですね。

一般に若い人はなかなか朝起きられない
夜寝つけないということがあるのですが、

午前中の光をできるだけ浴び、
そしてもう一工夫するとしたら、

夜の照明を絞ることで効果があるんです。

スマホとかiPadのブルーライトの光が話題になっていますが、

体内時計を調節する光って強めの光でないと作用しないので
スマホの小さな画面だとそれほど強い効果ではない様です。

体内時計への影響を心配するなら蛍光灯やコンピューターのような
大きな液晶画面に気を付けるのが一番大事なポイントになる様ですね。

カラダが入眠へいざなう際には、調節機能が体温を徐々に下げる
ことも行っていますので、

体温を上げる行為(入浴や過度な飲酒・カフェイン摂取・運動等)
も避け、あわせて頭や目を使うことは就寝直前まで行わないとか、

やっぱり、いろいろとありますね・・・
 
楽しい明日をイメージして眠ることが一番かもしれませんねー!!

===========================

【渋谷・神泉の整体マッサージ院】

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

http://iwamoto-seitai.net

他の方からの当院へのクチコミはコチラへ

http://www.ekiten.jp/shop_3067236/review.html

TEL 03-6416-9210〈予約優先制〉

・土/日も営業しています。

・「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ