秋の眠気、ひょっとしたら病気の一種かもしれませんよ・・・②

眠り2

たんなる寝不足ではなく、病気の一種とみなされる
かくれ不眠 にはどんな徴候があるのかについて、

かくれ不眠のチェックリスト12項目について前回、
書き出してみましたが、

あなたはいかがでしたでしょうか?

今回は

②どんな人が、かくれ不眠になりやすいのか?

特徴としては3つあります。

当然思い当たるのがやはり、生活が不規則な方。
寝溜めすればいい、寝る時間や起きる時間がバラバラな人。

あと非常に大きな要因としては、ストレスが強い人。
それに対して十分な対処ができない人。

もう1つ、とっても大事なのは、
本当は眠れないコトを知っていても自分は大丈夫だ!と思って
放置しちゃう人。

これらの3つのことが要因で、かくれ不眠が起きたり、
進行してることが明らかになっています。

働いている大半の方々が、かくれ不眠に該当するということが
ある調査からは分かっています。

大きい要因としては、ストレスが高いタイプということ。

ストレスというのは、その日、その日のうちに上手に対処しておくことが
大切なんですが、だんだんストレスを溜めてしまう。

ストレスを溜めると実際に眠れなくなる。

眠れなくなると、また次の日の仕事に差し支え、それが新しいストレスを
呼んでしまう。

それが負のループとなり、不眠に陥ってしまうということが少なくない
ということも分かっています。

寝る前にパソコンを見たり、スマホを操作したりとデジタル機器の進歩も
かくれ不眠を生じる大きな要因だと考えられています。

ブルーライトという言葉が注目をされていますが、
空の青い色と言うことで、昼間青い色を見れば目が覚めて気持ち良いですよね?

夜なのにお目覚めの青い色に晒されてしまう。
スマホを夜見る時って、寝ながらとか目の前で見てませんか?
非常に強いブルーライトを浴びてしまいます。

それが脳に働きかけ、眠り難くしてしまうことも かくれ不眠 が生じることの
1つなのかもしれません。

ストレス ブルーライト、現代生活では切っても切り離せないものですが、
1日の生活リズムから、寝る時 スマホいじる時 その他なにかやる時すべてが
だらだらと引きずる ながら生活ではなにもリセット出来ないので

目覚めも悪いのも当然ですよね~

この状態が続いたら、その先はどうなるのでしょうか?

次回は、この内容について書いてみたいと思います。

===========================

【渋谷・神泉の整体マッサージ院】

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

http://iwamoto-seitai.net

他の方からの当院へのクチコミはコチラへ

http://www.ekiten.jp/shop_3067236/review.html

TEL 03-6416-9210〈予約優先制〉

・土/日も営業しています。

・「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

===========================

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ