夏場の疲労とストレスが、秋に疲労臭として匂ってくるかも・・?①

汗1

朝晩の涼しさと、秋祭りも終える頃になるこの時期くらいから
銀杏以外にも匂う、鼻を刺激する問題が最近出て来ます。


男性だと加齢臭や整髪料、フレグランス等の問題が
アタマに浮かびますが、加齢臭の様に体内から発せられるモノ・・・

今回のテーマはその ”ニオイ” についての考察です。


①疲労臭とは、どんな臭いか?

ざっくり言えば、体の筋肉はタンパク質で出来ていて、
そのタンパク質の成分はアミノ酸。

強い筋肉運動をするとそのタンパク質のアミノ酸が
分解してアンモニアができる。

アンモニアって思い浮かぶ中には尿など。

臭いますよね!?
体の中にアンモニアができると毒性が強くて困るんです。

(尿毒症なんて言う病気は死に至ることもありますし)

通常は、肝臓で解毒・無臭化しています。

肝臓の中にオルニチン回路というアンモニアを専門に
無臭化する機構があって、
ここが、できたアンモニアをその都度無臭化して、
尿素にして尿にしているんです。

尿で体外に排出すれば、匂わないですよね?

ところが、筋肉運動が激しくなったり、疲労が蓄積したり、
無臭化する肝臓が弱って来たりすると血液中にアンモニアが
いっぱい貯まってきて、

行き場がないので、汗として体中から出てくるんです。

これが疲労臭という匂いの元なんです。
そしてこれは誰でも出る可能性のある臭いなんです。

通常、消臭剤で無臭化できるんですが、
この疲労臭だけはデオドランド剤を使ってもダメだそうです。(汗=臭))

体の中から出てくるんです。

肝硬変とか、病気になったらアンモニアの臭いが強いらしいですよ。

肝臓の病気の最後は、脳の昏睡になるそうですが、
それは、アンモニアが無臭化できないんで血液中にいっぱい溜まるからです。

脳に廻って肝性昏睡といって、肝臓の病気の最後は、
アンモニア臭がいっぱい漂うそうです。

これは本当の病気の時。

肝臓が病気ではなくても、肝臓が弱るという状態はだれでも起きていて
これは、検査で肝機能といいますが、

検査で出なくても肝機能が弱っている状態が起きているそうです。

 

次回はどんな人が疲労臭を発しやすいか?について
お話ししたいと思います。

今の時期、カラダがすぐれない訴えの方が多いですよ。
臭いについても栄養・睡眠・入浴の当たり前のことが出来ていない人
が問診から伺えます。

あわせて施術で全身を緩めてあげると、睡魔が襲いぐっすり→翌日
スッキリと言う感想が多いので、生活習慣をなかなか変えられない
あなたは、

当院でゆがみや姿勢を改善して、一緒に生活改善してみては
いかがでしょうか?

お気軽にご相談くださいね!

===========================

【渋谷・神泉の整体マッサージ院】

神泉カイロプラクティック いわもと整体院

http://iwamoto-seitai.net

他の方からの当院へのクチコミはコチラへ

http://www.ekiten.jp/shop_3067236/review.html

TEL 03-6416-9210〈予約優先制〉

・土/日も営業しています。

・「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ